サエルの成分と特徴

サエルにはマロニエエキスなどの美容成分がたっぷり入っています。

マロニエエキスとはセイヨウトチノキから抽出されるエキスで肌のキメを整えたり血行を良くしたりする効果を持ちます。

美白に関係があるのはチロシナーゼという酵素の作用を抑制することです。チロシナーゼはメラノサイトのチロシンと結合すると黒色メラニンを作り出す作用があり、黒色メラニンはシミとして表皮に現れます。

シミを恐れてチロシナーゼを弱体化させすぎると黒色メラニンが不足して白髪ができやすくなり老けて見られます。

チロシナーゼを抑制する成分をシミが気になる部分に浸透させるのが最も髪の毛に影響が出ないので、マロニエエキスは美白化粧品に配合されています。

ハトムギ発酵液は肌のバリア機能に欠かせないアシルセラミドの生成を促進します。皮脂は外部のダメージを抑えるために表皮を覆っていますが、その下にある角質と細胞間脂質で水分を保っています。

細胞間脂質の主な成分はセラミドですが、この中も水分と油分がレンガのように重なり合うラメラ構造を形成しています。

アシルセラミドはラメラ構造を整える効果があるので、肌において皮脂と水分のバランスが良くなり刺激に強い肌になります。炎症や潤い不足などでラメラ構造が乱れてしまうと光の反射も上手くできなくなるので、ハトムギ発酵液を浸透させることは光をよく反射する透明感のある肌作りにも効果があります。

グリチルリチン酸2Kは甘草エキスの主成分で抗炎症作用が医薬品にも利用されています。1日の摂取量が40mgを超えると偽アルドステロン症という副作用を引き起こしますが、化粧品で過剰摂取することはないので心配ありません。毎日のように肌に塗っても副作用のリスクはないので安心です。アレルギーによる肌荒れやニキビの炎症を抑えるのに便利です。

コウキエキスは中国に自生する黄妃という常緑高木から抽出されます。フラボノイドのアスチルビンが抗炎症作用や抗糖化作用を持ちます。サエルの成分にはどれも低刺激で敏感肌に優しいという特徴があります。シミである黒色メラニンは元々肌を強い刺激から守るために生成されています。

もし黒色メラニンがなかったら紫外線などの大きなダメージは細胞のDNAを破壊したり皮膚がんを引き起こしたりします。美白成分の黒色メラニンを作らないという作用は本来の機能を阻害するものなので刺激を強くしなければならないことが多いです。しかしマロニエエキスは刺激が少なく敏感肌もシミ対策ができるので、サエルは美白化粧品として人気があります。

敏感肌だからシミ対策ができないと諦めていた人もサエルの使い勝手の良さを知ってクチコミで高い評価を出しています。ハトムギ発酵液やグリチルリチン酸2K、コウキエキスは直接は美白と関係ありませんが、結果として美白に貢献しています。バリア機能が乱れた敏感肌は健康な状態と比べて外部からの刺激に弱いです。

紫外線だけでなく乾燥や摩擦も刺激となるので1年中炎症と戦うことになります。度重なる外部からの刺激はコラーゲンを破壊しハリを失わせます。

するとメラニンを生成する細胞が刺激されて黒色メラニンが増えるので、敏感肌の人はシミができやすいです。バリア機能を整えたり炎症を改善したりすることで、黒色メラニンができるだけ作られないようにするのでシミ対策となります。

美白と保湿の両方が行えるため、まだシミが気にならない世代も使い始めることができます。化粧水や美容液などライン使いすることでそれぞれの効果を高め合えます。

ハイドロキノンなどと比べると効果は穏やかですが、生理前など肌が揺らぐ時期にも使えるので使用満足度が高いです。

スプレータイプの化粧水の使い道

“化粧水をつけるときには、コットンを使ったり手のひらを使ったりすることが多いと思います。

様々な付け方がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

コットンはムラなく浸透させることができますが、パッティングが刺激となったりたっぷり使うことが必要です。

手のひらは体温で毛穴が開きやすくなり浸透しやすいというメリットがありますが、ムラになってしまうというデメリットがあります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、スプレータイプの化粧水も販売しています。

スプレータイプまたはミストタイプとも呼ばれるものは、夜に入浴後に使うというよりも日中に活躍するタイプのスキンケア用品になります。

最大の特徴が手を汚さずに、コットンの処理に困らないという手軽さにあります。使い勝手が良いため、朝のケアなどにもオススメです。

使い道は朝のケア以外にも、乾燥がひどい時などに化粧の上から保湿することができるというメリットを挙げることができます。

ただし注意したいのが、化粧水を吹きかけるだけでは水分が蒸発してしまうということです。水分が蒸発するときには、肌の水分も奪ってしまうため逆に乾燥がひどくなってしまうことも考えられます。

そのため利用する場合にはできるだけ保湿成分の入ったもの、そして水分の蒸発を防ぐ成分が入っているものを選ぶこたおがオススメです。

スプレータイプのもののメリットは化粧の上からつけることができる、という以外にも様々なメリットがあります。

背中やお尻など乾燥をしても手やコットンではケアのしにくい場所でも、スプレーするだけで広範囲に化粧水が広がるため使いやすいようになっています。

また、粒子が細かいのも特徴です。毛穴に浸透しやすくなっています。

メイク崩れがしやすいという人には、仕上げに使ってコットンで水分を押さえて軽くふき取るとメイク崩れしにくくなります。

手足が乾燥しているときにも利用することが可能です。冬場など乾燥で粉を吹いてかゆみがひどい時などは外出先でも、振りかけて水分を拭き取れば乾燥を防げます。

このようなタイプの化粧水には様々な使い道がありますが、アルコールが入っているものには注意が必要です。特に乾燥肌の人は肌が敏感になっているためアルコールが入っているものは刺激になってしまうことがあります。

また、アルコールが入っていると水分が蒸発してしまいやすくなります。

それを避けるためにも、ノンアルコールのものを選ぶことが無難です。

ミネラルが配合されているものや温泉を利用したものなど様々なものがありますが、保湿を意識した時には植物エキスやコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、アロエなどのが特にオススメとなります。このような成分の中から自分にあったものを選んでいきます。

また、近年ではとろみのあるものをスプレーするということも流行しています。

とろみのある化粧水を使うことによって、化粧が肌に密着して崩れないという効果を期待することができます。

しかし、これはあくまでも化粧仕上げとして利用します。これらは合成ポリマーなどの皮膜剤を使うことで、肌の表面に膜を作り化粧をキープするという働きを持っています。その成分がとろみとして現れているのです。

合成ポリマーは肌に合う人と合わない人がいるため注意が必要です。

スプレータイプのものは、乾燥してしまうという人も多くいます。

しかしそれは使い方や付け方、自分の肌に合っていないというケースがよくあります。

自分の肌に合ったものを選びきちんとした使い方をすれば、化粧崩れを防いだり、手の届かない場所のケアを行えるなど美容に対して効果的な働きをするアイテムです。”

ちふれ化粧水(しっとり)のリアルな口コミと肌の調子は?

今回はちふれのしっとりタイプのリアルな口コミを聞きました。

ちふれ化粧水(しっとり)のリアルな口コミと肌の調子は?

今回WEBアンケートで聞いたのはこの2つ!!

①肌の調子はどう変わった?
②ちふれ化粧水の魅力

口コミ1

①この化粧水を利用してみて、乾燥の季節であるにもかかわらず肌になじみしっとり感が持続し、乾燥が気にならなくなりました。

②しっとりタイプでもべたつきは気にならず、肌へのなじみも悪くはないと思います。ちふれの化粧水は、スーパーでも購入できることが多く値段も手ごろであるため、身近に感じることができ、使い心地も悪いと感じる点は今のところありません。
(38歳女性・愛用歴半年)

口コミ2

①肌の調子への変化はあまり見られなかったですが、日中オフィスでの乾燥を感じることはなくなりました。化粧直しの時間がなくなりました。

②気軽に購入出来るので気に入っています。肌馴染がとても良く、肌への密着感が高いです。お手頃価格なので気にせずパシャパシャ使えます。コットンパックでも使用しています。朝までしっとり保湿感が残ってるので、乾燥から痒みがあった肌は改善されました。リピートしたいと思います。
(30歳女性・愛用歴3ヶ月)

口コミ3

①もともとバシャバシャと使える感じが好きでさっぱりタイプを買ってみたのですが、冬で乾燥が気になってきたので、しっとりタイプも買ってみました。まだ短期間しか使用してないし、この化粧水だけをいつも使っている訳ではないので分からないのですが、ニキビなど目立った肌荒れは今のところないです。乾燥して皮膚がポロポロしていた時期があったのですが、しっとりタイプに変えてからは少しマシになった様にも感じました。

②肌荒れがひどくなったりもしないし、ノンアルコールタイプなどもあるので、自分の肌に合ったものを選択できるのでいいと思う。値段も安いので気にせずにバシャバシャたくさん使えるところもいいと思いました。美白タイプの化粧水の方も気になっているので、次はそちらも試してみたいなと思いました。
(20代前半女性・愛用歴1ヶ月弱)

口コミ4

①テカリが気にならなくなり、吹き出物も治まりました。肌がとてもしっとりして、ザラザラ感がなくなりツルぷよになりました。

②洗顔後タオルドライしたあとに使用し、肌への染み込みがとてもよいです。ベタつかないので次に塗る乳液も馴染みやすくて、化粧ノリがよくなりました。夜の使用時にはクリームをたっぷり塗っても大丈夫なくらい肌に馴染んでくれたので、乾燥が気にならなくなりました。
(31歳女性・愛用歴1年半)

口コミ5

①コスパが良いので気兼ねなく使えて、冬場や乾燥時期などにはたっぷりと使えます。そのため、しっとりとした肌状態が続いています。

②私自身が額と鼻が脂性、頬が乾燥性の混合肌のために、ちふれ化粧品ではしっとりタイプを使用していますが、ベタつくこともなく適度な潤いを感じています。馴染みもよく、特に不満もないために長期で愛用していますが、お値段がリーズナブルなのが家計にも優しいのが特に気に入っています。
(35歳女性・愛用歴5年)

口コミ6

①冬になると乾燥が酷かったのですが、つけた時は他の化粧水と変わりがないですが昼間の乾燥を感じにくいです。

②顔を洗って馬油塗ってからちふれの化粧水を塗っているのですが肌馴染みが良くつけた瞬間にすっと馴染んでいきます。しっとりタイプを使っていますが、その後乳液を塗ってもベタつく感じはなくしっとり潤っています。
(31歳女性・愛用歴半年)

口コミ7

①少し敏感肌なのでなかなか肌に合う化粧水が見つからなかったのですが、ちふれの化粧水は刺激が少ないのか肌にやさしい感じでしっかり潤います。

②ちふれ化粧水のしっとりタイプを愛用しています。私は少し敏感肌気味なので、生理前など体調によっては化粧水が肌に沁みてピリピリしてしまうことがありました。でもこのちふれの化粧水は肌に刺激を感じることがなく、いつでも快適に使えています。
(36歳女性・愛用歴2年)

口コミ8

①もともと口周りが乾燥してておでこが脂ぎってる感じで化粧水もつけて肌がぼろぼろになることも多いたちです。でもちふれは全くそんなことがなくしっとりしているので安心です

②ちふれの化粧水はべたつきまえん。私にはそれだけ合ってるのだと思います肌のなじみもとても良くしっとりしていてほっとします。何より五霞のメーカーさんに比べて大変お安く仕事をしていない主婦とか高校生などのお金のかかる年頃のいる家庭にとっては大変ありがたい化粧水なのでおすすめいたします
(51歳女性・愛用歴約半年)

口コミ9

①前は他の会社のものを使っていたのですが、ちふれに変えてからしっとりの化粧水を塗ると肌の保湿感が長持ちするようになりました。

②ベタベタしすぎず、つけた時からしっとりした保湿感が長持ちするのでお気に入りです。冬で乾燥が気になる時も、すぐ肌になじんでお化粧もしやすいです。とてもしっとりだと私はベタベタしすぎてしまうので、顔がすこし油っぽく感じる人はしっとりがおススメです。
(20歳女性・愛用歴2年)

口コミ10

①ファンデーションを塗った時、皮剥けのように粉がふくほど肌に水分が足りていなかったのですが、使い始めて2週間ほどでそれがなくなっています。

②べたつかずにすぐに乾いて肌に馴染みやすく、目には見えない内部まで浸透しているなあと実感できています。使用するようになってからはメイクのノリが断然違うし、触り心地ももちッと肌触りがするようになったことに喜びを感じています。
(30歳女性・愛用歴2年)

30代の保湿化粧水の選び方

お肌の曲がり角と言われているのは25歳ぐらいですが、この頃から徐々にお肌の問題が少しずつ目立つようになってくるのは事実です。例えば、毛穴が開くようになってファンデーションのノリが悪くなってきたり、お肌のトーンが暗くなり、くすみが目立つようになります。シワ、シミ、たるみが気になり始めるのも25歳を過ぎてからです。

なので、このぐらいの年齢になってきたら、しっかりと保湿してアンチエイジングに取り組んでいったほうが良いでしょう。ただ、顔立ちや肌質によっては、まだあまりお肌の老化現象が出てこない方もいらっしゃいます。そういった方は、やはり30代になるとはっきりとお肌の衰えを感じるはずなので、アンチエイジングに取り組むことをおすすめいたします。

30代の保湿化粧水の選び方としては、保水力が高いセラミドなどが配合されている商品をチョイスするのがベストでしょう。最近はヒアルロン酸がたっぷりと配合されている保湿化粧水がドラッグストア等でも数多く販売されていますが、30代になると、ヒアルロン酸のような保湿成分だけではお肌の乾燥を防いだり、改善することが難しくなっていきます。

20代の頃に比べると、お肌の水分量が減ってしまい、乾燥が少しずつ悪化していくようになるので、保水力が高いセラミドなどが配合されている化粧水を使わないと、潤いを維持することはできません。

セラミドというのは、内側からお肌に潤いを与える大切な美容成分なのですが、加齢の影響で減少してしまいます。もちろん、加齢とともに減少していくのはセラミドだけではありません。皮脂の分泌量も減っていきますから、油分と水分のバランスが悪くなってしまって、結果的に肌トラブルが増えていきます。

お肌のシワ、たるみなどの老化現象も、乾燥の悪化が原因の一つですので、やはりセラミド等が配合されている保湿化粧水を使い、お肌の潤いをキープすることがとても大切です。セラミド等が配合されている保湿化粧水でしたら、大抵はヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分も配合されています。

潤いだけではなく、お肌に弾力とハリを与えてくれるような美容成分が配合されていれば、しっかりとアンチエイジングの効果を感じることができるので、試していただきたいです。また、紫外線のダメージが蓄積してしまったことで、頬や目元にシミができるようになるのも、30代からです。すでに薄いシミが出来てしまっているという方は、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチンが配合されている保湿化粧水を使用してみるのも良い方法でしょう。

ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチンというのは、お肌のトーンを明るくする効果や、透明感を与えるような効果も期待できます。

もちろん、多少は時間がかかるかもしれませんが、シミを目立たなくする効果もありますし、30代の方々が悩みやすい肌トラブルを改善していくことができるので、すぐにでも試してみてください。お肌のキメが整い、くすみが目立たなくなるといった素晴らしい効果も同時に得ることができます。

美白にはハイドロキノンが有名ですが、認可外の成分ということもあって、ハイドロキノンが配合されている美白化粧水を探すのは少し難しいかもしれません。

しかし、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、アルブチンなどの美白成分は、大手のコスメメーカーも使用しているものですし、アンチエイジングの効果も高いので、これらの美白成分が配合された基礎化粧品を使い始めてみましょう。美白化粧水の中にも、保湿力の高い美容成分がたっぷりと配合されている商品はたくさんありますし、乾燥を防ぎながらシミやくすみを改善できるので、おすすめです。