スプレータイプの化粧水の使い道

“化粧水をつけるときには、コットンを使ったり手のひらを使ったりすることが多いと思います。

様々な付け方がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

コットンはムラなく浸透させることができますが、パッティングが刺激となったりたっぷり使うことが必要です。

手のひらは体温で毛穴が開きやすくなり浸透しやすいというメリットがありますが、ムラになってしまうというデメリットがあります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、スプレータイプの化粧水も販売しています。

スプレータイプまたはミストタイプとも呼ばれるものは、夜に入浴後に使うというよりも日中に活躍するタイプのスキンケア用品になります。

最大の特徴が手を汚さずに、コットンの処理に困らないという手軽さにあります。使い勝手が良いため、朝のケアなどにもオススメです。

使い道は朝のケア以外にも、乾燥がひどい時などに化粧の上から保湿することができるというメリットを挙げることができます。

ただし注意したいのが、化粧水を吹きかけるだけでは水分が蒸発してしまうということです。水分が蒸発するときには、肌の水分も奪ってしまうため逆に乾燥がひどくなってしまうことも考えられます。

そのため利用する場合にはできるだけ保湿成分の入ったもの、そして水分の蒸発を防ぐ成分が入っているものを選ぶこたおがオススメです。

スプレータイプのもののメリットは化粧の上からつけることができる、という以外にも様々なメリットがあります。

背中やお尻など乾燥をしても手やコットンではケアのしにくい場所でも、スプレーするだけで広範囲に化粧水が広がるため使いやすいようになっています。

また、粒子が細かいのも特徴です。毛穴に浸透しやすくなっています。

メイク崩れがしやすいという人には、仕上げに使ってコットンで水分を押さえて軽くふき取るとメイク崩れしにくくなります。

手足が乾燥しているときにも利用することが可能です。冬場など乾燥で粉を吹いてかゆみがひどい時などは外出先でも、振りかけて水分を拭き取れば乾燥を防げます。

このようなタイプの化粧水には様々な使い道がありますが、アルコールが入っているものには注意が必要です。特に乾燥肌の人は肌が敏感になっているためアルコールが入っているものは刺激になってしまうことがあります。

また、アルコールが入っていると水分が蒸発してしまいやすくなります。

それを避けるためにも、ノンアルコールのものを選ぶことが無難です。

ミネラルが配合されているものや温泉を利用したものなど様々なものがありますが、保湿を意識した時には植物エキスやコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、アロエなどのが特にオススメとなります。このような成分の中から自分にあったものを選んでいきます。

また、近年ではとろみのあるものをスプレーするということも流行しています。

とろみのある化粧水を使うことによって、化粧が肌に密着して崩れないという効果を期待することができます。

しかし、これはあくまでも化粧仕上げとして利用します。これらは合成ポリマーなどの皮膜剤を使うことで、肌の表面に膜を作り化粧をキープするという働きを持っています。その成分がとろみとして現れているのです。

合成ポリマーは肌に合う人と合わない人がいるため注意が必要です。

スプレータイプのものは、乾燥してしまうという人も多くいます。

しかしそれは使い方や付け方、自分の肌に合っていないというケースがよくあります。

自分の肌に合ったものを選びきちんとした使い方をすれば、化粧崩れを防いだり、手の届かない場所のケアを行えるなど美容に対して効果的な働きをするアイテムです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です