サエルの成分と特徴

サエルにはマロニエエキスなどの美容成分がたっぷり入っています。

マロニエエキスとはセイヨウトチノキから抽出されるエキスで肌のキメを整えたり血行を良くしたりする効果を持ちます。

美白に関係があるのはチロシナーゼという酵素の作用を抑制することです。チロシナーゼはメラノサイトのチロシンと結合すると黒色メラニンを作り出す作用があり、黒色メラニンはシミとして表皮に現れます。

シミを恐れてチロシナーゼを弱体化させすぎると黒色メラニンが不足して白髪ができやすくなり老けて見られます。

チロシナーゼを抑制する成分をシミが気になる部分に浸透させるのが最も髪の毛に影響が出ないので、マロニエエキスは美白化粧品に配合されています。

ハトムギ発酵液は肌のバリア機能に欠かせないアシルセラミドの生成を促進します。皮脂は外部のダメージを抑えるために表皮を覆っていますが、その下にある角質と細胞間脂質で水分を保っています。

細胞間脂質の主な成分はセラミドですが、この中も水分と油分がレンガのように重なり合うラメラ構造を形成しています。

アシルセラミドはラメラ構造を整える効果があるので、肌において皮脂と水分のバランスが良くなり刺激に強い肌になります。炎症や潤い不足などでラメラ構造が乱れてしまうと光の反射も上手くできなくなるので、ハトムギ発酵液を浸透させることは光をよく反射する透明感のある肌作りにも効果があります。

グリチルリチン酸2Kは甘草エキスの主成分で抗炎症作用が医薬品にも利用されています。1日の摂取量が40mgを超えると偽アルドステロン症という副作用を引き起こしますが、化粧品で過剰摂取することはないので心配ありません。毎日のように肌に塗っても副作用のリスクはないので安心です。アレルギーによる肌荒れやニキビの炎症を抑えるのに便利です。

コウキエキスは中国に自生する黄妃という常緑高木から抽出されます。フラボノイドのアスチルビンが抗炎症作用や抗糖化作用を持ちます。サエルの成分にはどれも低刺激で敏感肌に優しいという特徴があります。シミである黒色メラニンは元々肌を強い刺激から守るために生成されています。

もし黒色メラニンがなかったら紫外線などの大きなダメージは細胞のDNAを破壊したり皮膚がんを引き起こしたりします。美白成分の黒色メラニンを作らないという作用は本来の機能を阻害するものなので刺激を強くしなければならないことが多いです。しかしマロニエエキスは刺激が少なく敏感肌もシミ対策ができるので、サエルは美白化粧品として人気があります。

敏感肌だからシミ対策ができないと諦めていた人もサエルの使い勝手の良さを知ってクチコミで高い評価を出しています。ハトムギ発酵液やグリチルリチン酸2K、コウキエキスは直接は美白と関係ありませんが、結果として美白に貢献しています。バリア機能が乱れた敏感肌は健康な状態と比べて外部からの刺激に弱いです。

紫外線だけでなく乾燥や摩擦も刺激となるので1年中炎症と戦うことになります。度重なる外部からの刺激はコラーゲンを破壊しハリを失わせます。

するとメラニンを生成する細胞が刺激されて黒色メラニンが増えるので、敏感肌の人はシミができやすいです。バリア機能を整えたり炎症を改善したりすることで、黒色メラニンができるだけ作られないようにするのでシミ対策となります。

美白と保湿の両方が行えるため、まだシミが気にならない世代も使い始めることができます。化粧水や美容液などライン使いすることでそれぞれの効果を高め合えます。

ハイドロキノンなどと比べると効果は穏やかですが、生理前など肌が揺らぐ時期にも使えるので使用満足度が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です